CDP
環境活動の情報公開

CDPへの参画

TANAXは地球環境への取り組みを客観的に示す方法として、
CDP (カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)に自主的に参画しています。
CDPロゴ
CDPとは、グローバル企業や主要国企業に対し、気候変動対 策、森林・水資源の保護に関する環境取り組みの公開を求め、 評価付けを行う国際的プロジェクトです。

企業評価にESG (環境・社会・企業統治)情報を活用する流れが強まる昨今、 CDPは企業の持続可能性を示す指標の1つとなっています。

当社は2015年からCDPに参画。2020年もCDP質問書に 回答し、前年の気候変動対策や森林保全活動の実績と、 今後の戦略、リスクマネジメント結果を公開しました。

気候変動

TANAX全社でエネルギー使用量を集計。当社では省エネルギー 化や設計・製造での省資源化などを通して、温室効果ガス排出削減に取り組んでいます。

フォレスト

適切に管理された森林資源(森林認証紙)の利用、「ちゃんとエコ」ラベル認定制度の運用などを通し、森林保全への貢献に取り組んでいます。

ウォーター

工場やオフィスにて取水量、排水量を集計し、当社の水利用に関する情報を公開。引き続き集計の精度向上に努め、持続可能な水利用の確保に取り組んでいきます。
Contact

お気軽にご相談ください

ページトップへ戻る